BEMSの活用で管理の質を向上させよう【機器使用で危機回避】

あらゆるシーンで活躍

基板

マイクロスコープと顕微鏡、この2つが存在するからこそ、私達が普段飲む薬は作られ、食品、生物や、化学実験なども成功しているんです。現代では不妊治療現場でも活躍しています。

View Detail

小さな泡の神秘

作業員

その泡の直径が50μmより小さくなると、通常の泡とは違った効果が得られると言われており、それをマイクロバブルと呼ぶ。最近は身近なのとしてシャワーヘッドなどで使われ、排水の処理などもしやすくなるので、環境も綺麗にできるのだ。

View Detail

オイル回収

男性

オイルの回収をする必要があるときというのは実は製造現場ではよくあることです。特にこのオイルが水に混ざっているときなどは人の手で回収するのは難しくオイルスキマーといった専門機器を使用します。

View Detail

ディスペンサーとは

システム

機器の利用料金について

適切な量の液体を加える仕事は、様々な場面で行われています。それを解決するための機械を製作しようとするのは当然です。設定した量の液体を射出する機器を、総じてディスペンサーと呼びます。ディスペンサーは用途に応じて様々なタイプが存在していますが、どれも高額で取引されているのが特徴です。試験的に導入するためには高い出費が求められるので、購入を見合わせる人も少なくありません。 しかしディスペンサーをレンタルしている業者が存在します。レンタルサービスは購入よりも安い値段で利用可能です。なぜなら業者が所有している事には変わりないため、継続的に利用料金を徴収できます。よって一気に回収活動に勤しむ必要がないのです。

ディスペンサーの歴史

ディスペンサーは日本の様々な場所で活躍していますが、初めて開発されたのは海外でした。その技術を取り入れる事で1970年頃に開発を実現したのです。ディスペンサーは液体の射出を目的にしていますが、飲料目的の液体だけでなく危険な薬品にも利用されました。求める化学反応を起こすためには、適切な量を用いなければ不可能です。それを果たすためにディスペンサーの能力は申し分ないものでした。 近年では工業現場においても、ディスペンサーを用いられるようになりました。現場の物体に塗布する事を目的に採用されているのです。それは以前よりもディスペンサーの大きさが、小型になった事も意味しています。優れた携行性を実現した事で、活躍できる場面が増えた事は間違いありません。

携行性に優れたディスペンサーは、活用する場面が増える以上、扱いに注意をしなければなりません。小型化された分、外部への持ち出しもしやすくなったと考えていいでしょう。不正に外部へ持ち出しをされないために、工場内でBEMSのシステムを設置するのが望ましいです。BEMSのシステムなら、施設内のシステム稼働の安全性やセキュリティ性を向上させやすくします。