小さな泡の神秘|BEMSの活用で管理の質を向上させよう【機器使用で危機回避】

BEMSの活用で管理の質を向上させよう【機器使用で危機回避】

小さな泡の神秘

作業員

小さな泡の素晴らしい効果

マイクロバブルとは直径がかなり小さい泡のことを言い、その泡の直径が50μmより小さくなると、通常の大きな泡とは違った効果が得られるのである。その効果として、汚れの吸着が挙げられる。さらに、泡の浮き上がる速度が遅いという特徴もある。その二つの効果は沈殿物の多い汚水の処理に適しており、近年汚水の処理にマイクロバブルを利用する手法が導入されつつある。その方法としては汚水の中にマイクロバブルを発生させて汚水の中の汚れを吸着させ、ゆっくりと表面に浮き上がらせ、浮き上がった汚れを濾しとって汚れの少ない水にするのである。この手法の一番のメリットは環境面への影響が限りなくゼロに違いということであろう。マイクロバブルももともとは空気であるので、薬品などで処理をするよりはるかに環境への影響が少ないのである。

シャワーヘッドから排水管まで

家庭で手に入るマイクロバブル発生装置としてはまずはシャワーヘッドが挙げられるであろう。小さな泡が体の汚れを吸着させ、効率的に肌に負担をかけることなく身体をキレイにすることができるため、主に女性の間でマイクロバブルを発生させるシャワーヘッドが流行っている。しかも、そのマイクロバブルを沢山含んだ水を流すことでお風呂の排水も処理しやすくなり、自分もキレイになるついでに環境もキレイにすることができるという二重のキレイ効果がある。あと、キッチンの蛇口にも導入されているのがよく見られるが、そちらも汚れを吸着して早く食器をキレイにするという目的で使用されているのであろう。お湯を出すと白く濁って見えることがあるが、それがマイクロバブルが含まれている証拠である。